メニュー

すれみが丘そよかぜクリニック | 横浜市都筑区

漢方内科

 西洋医学と東洋医学はそれぞれ個別に発展してきました。その為、それぞれの特性・利点があります。急性期の救命に優れ、公衆衛生の観点が発達していた西洋医学の利点から、明治以降東洋医学は重きを置かれなくなっていました。
 一方、東洋医学は個人の体質を診ていきます。昔の高貴な方々を治療していた治療法は、複雑な人間関係による機能失調や、飽食による問題など、現代の私たちの症状にも適応を見出します。
 また、西洋医学とは違う面から光を照らし、身体の弱点を補っていく事により症状の改善を期待出来るので、慢性病で付き合っていくしかないとあきらめている症状、西洋医学により診断のつかない体の不調など、生活の質をあげるためのお手伝いが出来るのではと考えています。
 東洋医学の治療は病気が出来上がる前に治療するのを理想としています。軽い徴候の内に未然に防ぐ為にも、大した事は無いと思う症状でもご相談ください。

漢方内科の対象疾患、症状の例

  • 下痢
  • 便秘
  • 過敏性腸症候群
  • 偏頭痛
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • アレルギー疾患
  • 花粉症
  • 甲状腺疾患
  • 膠原病
  • 月経前症候群(PMS)
  • 月経困難症
  • 更年期障害
  • 冷え症

担当医紹介

芹澤敬子先生写真

芹澤 敬子(せりざわ けいこ)

漢方内科・内科
[すみれが丘そよかぜクリニック院長]

略歴
  • 富山医科薬科大学医学部医学科卒業
  • 国立病院機構 静岡医療センター内科
  • 東邦大学医療センター 東洋医学科
  • 神奈川県立がんセンター 東洋医学科

症状は、人それぞれの身体の不均衡と、外からの影響によりあらわれます。 まずは体質と外的要因をしっかりと丁寧に診断することを心掛けています。 そして背景としての体質の均衡をとり、外的な要因に柔軟に対応できるようなお手伝いが出来ればと考えています。

お知らせ

ブログ

診療時間

【午前】9:00 〜 12:00 【午後】14:00 〜 17:00祝日は休診となります。

↓横スクロールをして全体をご覧いただけます↓

 
内科
漢方内科
午前 芹澤 芹澤 芹澤*第4,5
午後 芹澤 芹澤 芹澤 15時~
皮膚科・形成外科
美容皮膚科
午前 吉嶺 吉嶺 吉嶺 佐野 吉嶺
午後 吉嶺 15時~ 吉嶺 山本(百) ~18時
心療内科 午前 有馬 山本(晃)
午後 有馬 ~19時
婦人科 10:00〜13:00 小林 *第1,3

※木曜日午前の芹澤医師(内科・漢方内科)の診療は、往診のため、第1・2・3木曜日は休診となっております。