メニュー

すれみが丘そよかぜクリニック | 横浜市都筑区

内科

 内科的な疾患は、さまざまな自覚症状で始まる場合もあり、重大な病気の前兆であることもあります。何か体に不調を感じている、例えば 発熱、頭痛、咳がとまらない、痰がからむ、胸痛、息苦しい、疲れやすくなった、体重の減少、立ちくらみ、吐き気、ひどい肩こり、貧血などといった症状があれば、まずはご来院ください。

 当院の内科では、高血圧症、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症などで、治療の継続や定期的な血液検査を必要とする方の診療も行います。
 また、膀胱炎のような症状のある方、花粉症などのアレルギー症状がある方などについても、内科的に診療しております。

各種検査、健康診断、予防接種について

 当院では、血液検査、心電図検査、胸部レントゲン検査などが可能ですが、現時点では胃や大腸の内視鏡検査を含む消化器系の検査は行っておりませんので、ご了承ください。

 健康診断、予防接種、渡航前のワクチンや高山病予防薬の処方などについては下記ページをご覧ください。
「専門外来、健康診断、予防接種」ページへ

担当医紹介

芹澤敬子先生写真

芹澤 敬子(せりざわ けいこ)

漢方内科・内科
[すみれが丘そよかぜクリニック院長]

略歴
  • 富山医科薬科大学医学部医学科卒業
  • 国立病院機構 静岡医療センター内科
  • 東邦大学医療センター 東洋医学科
  • 神奈川県立がんセンター 東洋医学科

急な症状だけでなく、ちょっとした体の不調などでもご相談ください。かかりつけとして、皆さまの日々の健康のお役に立てれば幸いです。

山本 晃子(やまもと あきこ)

心療内科・内科・漢方内科
[日本東洋医学会漢方専門医]
[日本医師会認定産業医]

略歴
  • 聖マリアンナ医科大学卒業
  • 聖マリアンナ医科大学病院 腎臓高血圧内科
  • 昌平クリニック
  • 信愛クリニック

皆様のなかで“なんとなく体調が悪くて医者にかかったが、大きな問題はないといわれた。西洋薬を処方されて飲んでみたが、なかなか改善せず困っている。”といった方はいらっしゃいますでしょうか。
例えば・・・だるい・気力がでない・気分が落ち込む・寝むれない・頭痛・めまい・耳鳴り・生理前後の気分の不安定など。
私は元々 内科医師ですが、臨床経験を積むなかで“心と体は切り離せない”、“心のつらさが体の症状として出ることが多々ある“ことを痛感し、心療内科を学びました。また漢方も学び、西洋医学だけでは改善しない症状も東洋医学の視点で治療することで、改善される方々を経験してきました。
特に心療内科にいらっしゃる患者様の中には、“今までたくさんの薬を飲んできたが、良くならないし薬が増えるばかりで怖い“とおっしゃる方も多々いらっしゃいます。私の外来ではこういった不安に向き合い、患者様とよく相談しながら内服薬を処方させて頂いています。また西洋薬だけでなく漢方薬の併用を積極的に行うことで、最終的には抗不安薬や睡眠薬のなかでも依存性のあるものは極力減量して行くことも心がけています。
また、例えば“うつ病”などは 薬だけ飲めば良くなるものでもなく、患者様自身が自分の心の声をきき、本来の自分とつながることが病気の回復に必要と考えます。こちらについても、お手伝いさせて頂ければと思います。

お知らせ

ブログ

診療時間

【午前】9:00 〜 12:00 【午後】14:00 〜 17:00祝日は休診となります。

↓横スクロールをして全体をご覧いただけます↓

 
内科
漢方内科
午前 芹澤 芹澤 芹澤*第4,5
午後 芹澤 芹澤 芹澤 15時~
皮膚科・形成外科
美容皮膚科
午前 吉嶺 吉嶺 吉嶺 佐野 吉嶺
午後 吉嶺 15時~ 吉嶺 山本(百) ~18時
心療内科 午前 有馬 山本(晃)
午後 有馬 ~19時
婦人科 10:00〜13:00 小林 *第1,3

※木曜日午前の芹澤医師(内科・漢方内科)の診療は、往診のため、第1・2・3木曜日は休診となっております。