メニュー

すれみが丘そよかぜクリニック | 横浜市都筑区

心療内科

 当クリニックの心療内科では、患者さまが困っていらっしゃる様々な症状に対して、まずは何よりもできるだけ親身になって耳を傾けさせていただくことを心がけています。
 それによって患者さまの症状に関する全体像を把握し、考えうる治療の方法について分かりやすくご説明させていただいたうえで、患者さまのご希望もお聴きしながらお話し合いを通じて治療方針を決定し、できうる限り症状の改善を図っていきます。ご希望の方は、漢方薬の使用についても、ご相談ください。

ひとりで悩まずに、まずはご相談ください

心療内科を受診していただく際の症状としては、

「何となく不安な感じが続いている」
「必要以上にドキドキしたり、緊張してしまうことが多い。」
「イライラしやすい。」
「気分的に落ち込みやすい。」
「やる気が出ない、集中力が続かなくなった。」
「気持ちの浮き沈みが激しい。」
「自分の感情が不安定な感じがする。」
「なかなか寝つけない。」
「眠っても、途中で目が覚めてしまって眠れなくなる。」
「特定の状況下で、ドキドキしたり、息苦しさや冷や汗、めまいといった症状が出やすい。(例としては、電車やバスに乗る際、運転をする時、美容室や歯医者さんに通う時、学校行事などの際に)」

といったものが挙げられます。

担当医紹介

有馬潤一先生写真

有馬 潤一(ありま じゅんいち)

心療内科・内科

略歴
  • 九州大学医学部卒業
  • 同大学院卒業(医学博士、脳生理学)
  • 大牟田共立病院
  • 横浜総合病院
  • 港北もえぎ心療内科(非常勤)
  • 有馬潤一カウンセリングルーム
  • 新緑ホームケアクリニック(訪問診療)
  • つばきクリニック(訪問診療)

山本 晃子(やまもと あきこ)

心療内科・内科・漢方内科
[日本東洋医学会漢方専門医]
[日本医師会認定産業医]

略歴
  • 聖マリアンナ医科大学卒業
  • 聖マリアンナ医科大学病院 腎臓高血圧内科
  • 昌平クリニック
  • 信愛クリニック

皆様のなかで“なんとなく体調が悪くて医者にかかったが、大きな問題はないといわれた。西洋薬を処方されて飲んでみたが、なかなか改善せず困っている。”といった方はいらっしゃいますでしょうか。
例えば・・・だるい・気力がでない・気分が落ち込む・寝むれない・頭痛・めまい・耳鳴り・生理前後の気分の不安定など。
私は元々 内科医師ですが、臨床経験を積むなかで“心と体は切り離せない”、“心のつらさが体の症状として出ることが多々ある“ことを痛感し、心療内科を学びました。また漢方も学び、西洋医学だけでは改善しない症状も東洋医学の視点で治療することで、改善される方々を経験してきました。
特に心療内科にいらっしゃる患者様の中には、“今までたくさんの薬を飲んできたが、良くならないし薬が増えるばかりで怖い“とおっしゃる方も多々いらっしゃいます。私の外来ではこういった不安に向き合い、患者様とよく相談しながら内服薬を処方させて頂いています。また西洋薬だけでなく漢方薬の併用を積極的に行うことで、最終的には抗不安薬や睡眠薬のなかでも依存性のあるものは極力減量して行くことも心がけています。
また、例えば“うつ病”などは 薬だけ飲めば良くなるものでもなく、患者様自身が自分の心の声をきき、本来の自分とつながることが病気の回復に必要と考えます。こちらについても、お手伝いさせて頂ければと思います。

お知らせ

ブログ

診療時間

【午前】9:00 〜 12:00 【午後】14:00 〜 17:00祝日は休診となります。

↓横スクロールをして全体をご覧いただけます↓

 
内科
漢方内科
午前 芹澤 芹澤 芹澤*第4,5
午後 芹澤 芹澤 芹澤 15時~
皮膚科・形成外科
美容皮膚科
午前 吉嶺 吉嶺 吉嶺 佐野 吉嶺
午後 吉嶺 15時~ 吉嶺 山本(百) ~18時
心療内科 午前 有馬 山本(晃)
午後 有馬 ~19時
婦人科 10:00〜13:00 小林 *第1,3

※木曜日午前の芹澤医師(内科・漢方内科)の診療は、往診のため、第1・2・3木曜日は休診となっております。